一部フィギュアレビュー記事にて、画像が表示されておらずご迷惑をおかけしました。現在は修正対応済みです。

ゴールデンカムイ展に行ってきましたレポ・感想(東京)

  • URLをコピーしました!
こぼれ

こんにちは、アニメ3期で転がり落ちて本誌を追い続けたこぼれです

2022年4月末に約8年に及ぶ連載を終えた人気漫画「ゴールデンカムイ

このたび連載完結を記念して「ゴールデンカムイ展」が開催されるということで、日時指定チケットを購入し5月1日に鑑賞してきました!

この記事では、そんなゴールデンカムイ展」の概要入場の流れ注意点展示内容グッズについて書いていこうと思います

写真等にて「ゴールデンカムイ」および「ゴールデンカムイ展」のネタバレを含む場合があります。あらかじめご了承のうえ閲覧ください。

目次

ゴールデンカムイ展の概要

会期2022年4月28日(木)〜6月26日(日)
※会期中無休
開催時間11:00〜20:00 (最終入館は閉館30分前)
会場東京ドームシティ Gallery AaMo(ギャラリーアーモ)
こぼれ

東京での開催後、全国巡回が予定されています

入場までの流れと来場者特典

ゴールデンカムイ展 会場入口

事前に集合時間や整列などの案内がなかったので20分前に行きましたが、日時指定のチケットを持っている場合は対象時間まで会場前で並んで待つことになります

列待機中にスタッフさんによるチケットの確認注意事項の周知がありました

こぼれ

会場内にもお手洗いはありますが、列待機前に済ませておくことをおすすめします

会場入口にある注意事項

スタッフさんの指示に従い検温・消毒をし、QRコードを確認後入場となります。来場者特典の色紙はこの段階で手渡されました

こぼれ

グッズ付きチケットを購入した人はこの時点でグッズが手渡されます

日曜日の来場者特典。絵柄は杉元佐一とアシ(リ)パ
こぼれ

実際は色紙ではなく色紙風カードです。サイズはミニ色紙と同じでした

高気温や雨天時は注意

指定時間より前、もしくは入場制限が行われている場合、会場前に列を作って待つことになります

列が長くなると屋根のない場所で待つことになるため、高気温や雨天の日は注意が必要です

雨天時の流れ

雨天の場合、列待機中にスタッフさんが傘を預けに行ってくれ、鍵を渡してくれます

傘の預かり場所は会場の前と横にあり、展示鑑賞後は自分で鍵を開けて持ち帰ります

※折り畳み傘はバッグに入らない場合預けることになるようです

こぼれ

カッパなども濡れたままでは入れないので、傘で行くのが無難だと思います

ゴールデンカムイ展の内容

会場内はZONE1から6のエリアに分かれており、どこから観てもOKでした

ほとんどの場所でスマホ撮影が可能となっていますが、ZONE6だけは撮影禁止(おそらく単行本未収録部分のため)となっています

こぼれ

そんなZONE6の展示物ですが、公式図録にはしっかり収録されてるので安心です

ZONE1 金塊争奪戦の開幕

ゴールデンカムイ展の始まり

このゾーンではキャラの紹介、象徴する武器や持ち物などの貴重な現物資料複製原画が飾られています

入ってすぐの行き当たりには、杉元とアシ(リ)パが幾度となく相対したヒグマのはく製もあり雰囲気満点

国立科学博物館蔵のヒグマのはく製

このゾーンで紹介されているキャラは

杉元佐一、アシ(リ)パ、白石由竹、尾形百之助
キロランケ/ユルバルス、土方歳三、長倉新八、キラウ(シ)
門倉利運、谷垣源次郎、チカパシ、インカ(ラ)マッ
鶴見篤四郎、月島基、鯉登音之進、二階堂浩平
宇佐美時重、菊田杢太郎、有古力松/イポプテ
ヴァシリ、ソフィア・ゴールデンハンド

の計21人

鶴見篤四郎の紹介
鶴見篤四郎の複製原画と肋骨服

現物資料のないキャラもいますが、なるべく平等にスペースが割り振られているのが印象的で、人気などの優劣なく大事に扱われています

有古力松/イポプテの資料・マキリ
こぼれ

どの資料も素敵ですが、このマキリの彫りがすごいので是非現物を見てほしい……!

ZONE2 24人の刺青囚人

ZONE2 24人の刺青囚人

網走監獄を模したゲートを抜けると「ZONE2 24人の刺青囚人」の展示に

ここでは物語に欠かせない刺青囚人達の紹介複製原画が飾られています

牛山辰馬の紹介

なかにはキャラのモデルとなった人物の実際の新聞記事などもあり、更に興味が深まります

牛山辰馬のモデルとなった人物の実際の新聞記事

また、ふと上を見上げると一部のキャラが吊り下げられているといった遊びも

ZONE2の天井に吊り下げられているキャラ達
こちらはZONE3に吊り下げられている谷垣源次郎
こぼれ

谷垣のバリッにおもわず笑ってしまいました

どこのゾーンでもそうですが、キャラに合わせた展示や遊びが多く、会場内が作品愛に溢れているので観ていて心地よかったです

ZONE3 命を繋ぐものたち

ZONE3 命を繋ぐものたち

ここでは北海道アイヌの生活と食文化樺太の文化と民族を実物資料や料理サンプルを交えて展示されていました

作中でも印象の強かったストゥ(制裁棒)は、実物を見ると「こりゃ痛いわ」という気持ちに……

北海道アイヌの紹介展示

北海道アイヌの食については、作中に出てきた料理が一覧になっています

北海道アイヌの食(料理)を紹介
北海道アイヌの食(料理)を紹介

カラフトマスのチタタプの食品サンプルは目玉までついてひと際目立つ展示になっていました

チタタプなどの料理サンプル

樺太のほうでは各民族やロシア文化の紹介と共にヴァシリがつけていた頭巾シカーリンパ(ハ)/刳り椀の展示が

頭巾の実物は北海道アイヌのものも飾られており、違いをすぐに見比べることができます

樺太の文化と民族
ヴァシリの頭巾とシカーリンパ(ハ)/刳り椀

そして樺太に欠かせないのが……

!!!!!!!! バーニャ!!!!!!!!
こぼれ

消しが白く、多くなってますね……

ZONE4 それぞれの役目

ZONE4 それぞれの役目

ZONE4では金塊争奪戦において網走、樺太、札幌で起こった三つの大きな戦いにフューチャーし、複製原画武器の実物資料が展示されています

実際に作画資料として使われた武器を確認しながら、迫力ある戦闘描写を楽しめます

鶴見篤四郎の三八式機関銃
土方歳三のウィンチェスターライフルM1892
杉元佐一の三十年式小銃

複製原画の一部には野田先生からのコメントも寄せられています

YJC第19巻 第188話
こぼれ

どうしてもシャワーしたかった先生……

ZONE5 黄金色名画廊

ZONE5 黄金色名画廊

ZONE5では今まで描かれてきたカラーイラストの中から厳選した作品が展示されていました

物語を爽やかに締めくくった最終話のカラーイラストも展示されています

厳選されたカラーイラストの数々
厳選されたカラーイラストの数々

ZONE6 そして未来へ

ゴールデンカムイ展ラストとなるZONE6は全面撮影禁止エリア

展示内容は、

  • 単行本未収録話~最終話までの複製原画
  • ゴールデンカムイ展のキービジュアル
  • 入場特典色紙の原画
  • 描きおろし色紙の原画
  • B1絵画

となっていました

特に連載中に少しずつ描き進めていたという絵画は、野田先生の愛がこれでもかと詰められている力作です

できることなら是非、現地で確認して観てほしいです

こぼれ

すべてをもっていかれます……!

ゴールデンカムイ展で買ったグッズと袋のサイズについて

展示会場を出たあとはグッズ売り場へ

本当に魅力的なグッズばかりであっという間に諭吉が数枚飛んでいきました……

友人のおつかい分も含めた戦利品
こぼれ

抑えたつもりなのに財布が軽い

ショップスペースは少し狭く、場所によっては動きにくい状態でしたが、在庫補充も早いため特に慌てる必要はありません

ゴールデンウィーク期間ではありましたが、待ち時間はなくスムーズに会計も済みました

公式図録はマストバイ!

ゴールデンカムイ展公式図録 P6~7

ちょっと値段の張る公式図録ですが、しっかりとボリュームがありお値段以上の仕上がりです

なにより、ゴールデンカムイ展そのままの雰囲気ほぼすべての展示が掲載されています

図録を開くだけですぐにゴールデンカムイ展を振り返られる理想的な図録となっていますので、少し無理してでも購入することをおすすめします!

こぼれ

本当に本当におすすめです!!!

ショッピングバッグは小さめなので注意

ゴールデンカムイ展ではレジで買える有料の袋(10円)の他に、グッズとしてショッピングバッグ(800円)が用意されています

これさえあれば事足りるだろうと思っていたのですが、ショッピングバッグのサイズが思っていたより小さめでした

ショッピングバックの大体のサイズ
有料レジ袋タテ約51.5cm(持ち手までは約45.5cm)・ヨコ約36.5cm
ショッピングバッグタテ約35cm・ヨコ約40cm・マチ13.5cm

A1ポスターははみ出てしまいますし、ウォールステッカーも曲げないと収まりません

また、かさばるものを買うとあっという間にキャパオーバーしてしまいます

こぼれ

上で紹介した戦利品に図録1冊追加でパンパンになる感じです

グッズを多めに買う予定の人は、大きめもしくは複数のマイバックを持参することをおすすめします

ショッピングバッグの素材はしっかりしており、雨も弾いてくれます

ただ、雨天時でもバッグを覆うビニールなどは配布されませんので、口が大きく開く場合やポスターを入れる際には対策が必要です

まとめ

会場付近に掲示されているフラッグ

以上、ざっくりとですが「ゴールデンカムイ展」のレポをお届けしました

私にとって久々の本誌を追うほどの作品で、綺麗に物語の終わりを迎え、こうした展示会で資料を見る機会に恵まれて本当にしあわせな時間でした

作品にこめた想いがしっかり伝わる、愛のある展示構成が嬉しい「ゴールデンカムイ展

東京は6月26日まで開催していますので、気になっているかたは是非現地に足を運んでみてください!

こぼれ

私も平日に再度じっくり鑑賞しに行く予定です!

目次
閉じる